株式会社テクノサポートデザインは、XXR(クロスアール)という、VR・AR・MRのクロスメディアサービスの提供を開始しました。
例えば、不動産広告でグラフィックパース用の3DCGモデルの制作を行ったとします。その3Dモデルを活用すれば、シアター用の映像制作を行い、モデルルームの代わりとなるVRコンテンツ制作を行い、パンフレットのグラフィックをマーカーにして、建物の3Dモデルが登場するスマートフォン用のARコンテンツにし、建物が建てられる現地にて、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)用のMRコンテンツをほぼ共通の3Dモデルを共用して制作が可能です。コストと時間を節約し、XXRテクノロジーにより、大きな効果を創造することができます。